無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

  • 村上春樹

2017年7月25日 (火)

ナンバー

 おすきなナンバーでと言われても、誕生日か番地かなにかの記念日だろうか、これはこれで悩みどころだ。

 来月に納車となるが、ちょうど免許書の書き換えと重なる。
次回更新は想定できてもその後はどうだろうか? 
Img_4024

Img_4025
 朝帰りしてきた朝ガエルと遭遇した(笑)。すでにその存在は確認していたが、元気でなにより。居つく動物にはヤモリもいて、これも無事だと承知した。
 草花を育てることは厭わないが、それでも地植えでならまだしも花の鉢が増えるとなると話は別で、この季節の水遣りは大変なのだ。
Img_4026_2
貰い物の植木鉢ほど気遣うものはなくて、ひと様からのいただきものだと枯らすに枯らせないから面倒(笑)。
多年草だという『ペンタス』は高温にも強いそうだが、だからと言って水を切らせば枯れてしまうのだから。
思うに、根付きの草花を差し出す方は、あまりご自身では土いじりなどされない方だろうと決めていて、ただただ見た目で手に入れてはみたが、自分で面倒は、という手合いだろうと、決めてはいるが。
 だいたい草花の名前も洋物になるとなんだかみな響きが似ていて、
和物がやはりいいんじゃないだろうか。
Img_4028
Img_4031
今朝もひとつ膨らんできて、しばらくして観てみれば咲き出している。では
 
 

2017年7月24日 (月)

実りの夏は

 常から異常気象と言われていても、いぜんの気象状態をしらずば、いかんともで。

なんだか、ことしは結実が早いようです。
 何ヶ月かぶりで出かけた植物園はすでに秋の気配。蝉は鳴いていますが、木立の気配には紅葉みられるし、結実して色づきを待つ状態でもあります。
Img_5287
Img_5292
Img_5255
 上からクルミ、ヒッコリーにトチの実になります。
たまたまなのか、実のつきがいい。季節が早いのかもしれませんが。
Img_5293
 管理事務所の窓口に置かれていたのが林檎。これ、あの引力を気づかせた林檎の子孫で、園内には大きな林檎の木があります。
そういえば、淡い色合いのサルスベリの花、咲いていた記憶がないです。
通い出して二十年あまりでも、まだ樹々の名前をその姿から言い当てることができませんが、それでもここに、あそこにとは配置を記憶してて、馬酔木の花も確認ができなかった。
 朝方に開いた朝顔。
Img_4015  
Img_5204
 種子を蒔いて水遣りをして、それだけで見事な花を見せてもくれる。
暑い夏もいっときでしかないと思えると、この暑さもいとおし? ですかね。
では

2017年7月23日 (日)

大暑

 暑くて当然の夏に灼かれて。色白なのか、二の腕は小麦色(笑)。

紫外線を極端に嫌がる風潮ではあるが、ビタミンDだかには必要だと記憶して。
日焼け止クリームも度を越せば、逆効果だという。 
 眼科ではじめてのCT検査を受けた。すでに大学病院にはここ数年あたりまえの医療器具だというが、クリニックレベルではこれからだろうか。
視野の欠損は視野検査で確認はできるが、視神経の状態を調べるにはこのCTだそうで、新しもの好きもあって受診してみた。金額的には視野検査の点数のほうがが高い気がした。右眼の状態がよくはないのが確認できて、凹みも広がってはいるという。
 寿命が先か、眼が先か。
こればかりは自分でもわからなくて、なるようになるだろう。
 夏に似合うのは朝顔、間違いはない。
Img_4013
 夜明け、五時ごろ気づいたので、そろそろ開花しているだろうか。
Img_4012
すでにフウセンカズラはグングンと枝先を伸長してくれてて、なかには小さな風船をつけだしてもいる。
 大暑、うなぎの受難日には違いがなくて、暑いとうなぎも痩せるというし、脂が乗るのは秋からだそうで、なにも土用だからとゴムの塊の丼など食べることもない。
 伸びきっているのは、人間ばかりでもなくて。心配していた飼い猫もようやくふだん通りの体調に復帰してくれた。
 先日の地域限定で降った雹だか、そのすさまじい音のなかで一匹で留守番をしていた所為だろうとは床屋談義の結論で、あまりの恐怖に身体がすくんでいたのだと。 Img_4011
で、これが昨日。ようやく膝にも乗り始めてくれて。いや、体温が高いので、夏場の猫は難儀です(笑)。
では

2017年7月22日 (土)

ハロー! シモシモ!

 地域性か鳴き声はしてても、蝉時雨でもなく、なにかの予兆なんだろうか。

我が家では、八月に火事をだしたことが遠い昔にあって、父親はあれは火つけだと語っていたことを記憶していて、たしかにその父親の命日も暑い盛りではある。
 そうなると供える花が限られてきて、百合だか菊だかだろうが、夏の花はひまわりでもいいんじゃないか。好きだったのは母親に言わせると紅葉葵。そういえば、ここでも以前はムクゲが咲いていタが、建て替えの中でその姿も消えた。
Img_39802
 先日、この情景を見て、ここまでされるにはどれだけの手間暇がかかっただろうかと、ときどきは利用するコインパーキングのことを思い出す。ただ、使う時間貸し駐車場ではこの手の設備ではない。
Img_3979
踏み板だかもないので、使用料金を支払わずとも車が出せるが、ナンバーを記録されていて、料金を踏み倒すとこれまた厄介なことになるのだろうが。
 その為に通訳がつくのだろうが。
ひとを介しての会話は臨場感にかける気がする。
それでも相手が金髪オヤジだと片言での会話力も萎えるのかもしれない。
いまどき、宗主国でもあるまいに、たかが英米語。
共通弁で便利だけの話でしかないだろうに。隣国などアジアの諸言語に精通している人間もこれからは必要ね。
 納車はずれ込んでて(笑)、このままだとお盆前後になるようだ。
免許の書き換えがそろそろで、さて段取りがうまく進むのか。
では 

2017年7月21日 (金)

跳んだんだね

 年々歳々薄くなるおつむでも(笑)、夏を乗り切るには角刈り! だろうが、まだその決心がつかない。

結果、いつもよりは短くと伝えて小一時間で完了するのだから、スキンヘッドも考えてもいいのか(笑)。
 あの雹が降ったあと、少しばかり飼い猫の調子が常ならずで心配していた。
熱中症だかも疑ってみたが、ようやく昨晩から元に戻った感がある。猫もひとも元気が健康が、大事だと再確認もした。
そう考えると、外で暮らす猫たち、どれほどこの夏が大変だか、気遣う。
 Img_3996
Img_3997
Img_4001
なんとか無事に季節をやり過ごして欲しいものだ。
で、こちらもここがお気に入りなのか、まあ、よくぞこうして居るものかと。
Img_3993
Img_3994 なににつけても、元気、健康がいちばん大切なことだと気づかせてくれる。
では

2017年7月20日 (木)

夫の珍宝?

 本の装丁は、書店店頭で数ある書籍のなかから目立たせる、手を出しやすいという考慮が働くものだが。

Img_3988
 この手の本だと、目立つと買い控えするのか? 実に巧妙に仕組まれた表紙タイトルだと感心した。本の題が『夫のちんぽが入らない』では手にする度胸(笑)も要るのだろう、多分。
Img_3990
 内容はこの際、僕には関係がないわけで(笑)。いえ、どんな夫婦形態を選択しちようが基本はありで、世間にはこうした関係を維持する男女間もあるのだ程度。
読了して感じたのは、こころの問題だろうし、内科、産婦人科、精神科などで診察をされたのかた、おおいに疑問だっただけのこと。
新手の性遍歴小説とでも書けば、読みが浅いだとのお叱りもあるのだろうか。それだで現実は小説よりも『奇』ということだろう。
それにしても図書館で借りるまでにかかった時間だが、半年ほど待たされた(笑)。
 狭いながらも地べたのある我が家。
ことしは少し遅めに確認できたカエルたち。大中小と一応勢揃いして登場して。
Img_3991
 これがいまのところでは、いちばん大きい。
先日は中ガエルに気づかず足を乗せてしまい、大いに反省した(笑)。
 梅雨が明けたと言ってもだから、どうなんだは毎年で、
これがあと何回おなじ感想をもつのだろう。あとふた月ほどの我慢だと自分に言い聞かせているのは毎度のこと。過ぎ去れば、あの夏はになるのだ。
 滅多に洗顔石鹸など使用しない人間ですが、この時季だけは汗とほこりで顔に一枚皮膜ができた気がして、同居人の皮膚科で入手する石鹸をつかわせてもらうのもね、
で、それらしきものを入手。シャボンだね、やはりスッキリとする。それは洗髪にも言えることで、夏場は洗い後にハッカだかの清涼感を感じられるシャンプーにする。
まあ、某安倍はいまもフサフサしてて、やはり歳の重ね方の違いだろうと納得するしかない(笑)。
では

2017年7月18日 (火)

だれでもいい?

 猫の子の姿を続けてみると、春先に誕生したいのちが育ったのだと知る。

我が家の猫も春先に出産を経験したが、先日は産まれた三びきのなかで一番はじめに里親に引き取られた器量良しが、親よりも先に旅立った。
 すでに盂蘭盆の送り火はたかれている。
年中行事というもの、なぜだか旧暦の日付のままに新暦でも実施しているから季節に違和感を感じるのだ。すでに終えた七夕だって、仙台では八月に開催されていてできるだけ旧暦に近づけているからだ。
七夕は秋の行事ですよ。
旧暦の七夕を新暦に換算すれば、2017年の七夕は8月28日になります。 
 僕など『北』からのミサイル攻撃など端から信じてもいないが、世には本気で不安がる方もいるのだと改めて知り、こうした層が現政権をしっかりと支えているのだろうかと。そんな中で同一民族の韓国が積極的に対話をしましょうと働きかけている報道に接すると、攻撃したらやり返しますという姿勢を見せるアホ大統領もいるし、それに追従するバカ首相もいるので、笑えない。
 あらたないのち、無事に羽ばたけるといいのだが。
Img_3977
 新聞の休刊日です。
なんだか収まりが悪い気分です。情報はネットで十分でだと考える人間は信じられない自分です。その分、本日の夕刊紙が分厚いと嬉しいのですが。
では

2017年7月16日 (日)

粘着質だろうね

 自信のなさが行動にでるのか、世間的には社会的地位が高いとされる人間ならなおのこと、その職業に人柄が反映しないはずがない(笑)。

 すでに過去の事象だったが、
当人にしてはその地位が揺らぐらしくて、書き記したことに抗議をしてきた。
こちらとしては事実をただただ記しただけだが、寛容さがない人間なんだろう、
その振る舞いからはよくぞまあなのだ(笑)。
 たぶん、ひごろからご自分の評判が気になり、検索をかけているのだろう。
その性格からは、君が入院したらいい、とも言える。
 担当医としては相当に問題があったが、
彼の職場でこその地位だろう。
その閉鎖社会では医師が正常とされ、
医師免許こそが拠り所。いまもその発言行動が正しいとされるのが問題だろう。
 で、面倒なんで、削除!
罵倒とはおもえないが、本当にバカだからバカとしてまでで、
公然事実を摘示して名誉を毀損しても、その社会的地位が公益かつ公共の利益にかなうならば、
正当な批判は可能と刑法にも明記されているが、暑いと面倒です(笑)。
『uregihsihcuayim』は『nniuoybawagesah』でまだ医療行為をしているのだ
と知ったよ(笑)。では

2017年7月15日 (土)

宅配ボックス

 こんなもの要るか? がそのころはまだ普通だったのは四、五年前のこと。

先見の明がある方はここ周辺にも居られて(笑)。いまの家を建て替える際にたまたま散歩途中で気づいた宅配ボックス。
これはなかなかと設計家に提案して採用してもらった。
確かに使っていただければ宅配業者の手間暇は軽減するが、ときに代引きとかを頼むとこれは現金のやりとりが生じるためにボックスの利用はない。あたりまえだが、クレジッタ決済をすればいいんだろうが、この歳まで自前のカードを所持したことがなくて、カードが身分証明を果たすこともここ最近知った。まあ、高額商品を購入する際の話だが、車などローンで購入が一般らしくて(笑)。
たかだか巷のNPO団体に所属していぐらいで与信などそうそう降りないようだ。
 志あるメーカーだろう、ビアスポさんは。
いま実店舗を持たないが、以前は新宿に小さな店舗を構えてはいた。ここ数年は大手の通販サイトなどでその商品を拝見していたが、ときどきダイレクトメールがきて商品を割り引いて販売することがあって、今回もそれに乗った(笑)。
 Img_3954
とくに安いというわけではないが、だからと言って商品価値以上の値段がついている気はしない。なんでこんなもんが、という品々が溢れて要る世間ではあるが、良心的だと感じるし、その作る物へのこだわりが強く感じる。
Img_3955
 通行禁止区分を例外として通行できる印籠? みたいな許可書を入手したが、
これ、車に対して発行されるので、次の車がくれば再申請なんだね(笑)。
では

2017年7月14日 (金)

蝉吟、蝉声とも

 すこしまえから聴こえてきた気もしていたが、さきほど緑の濃い公園でひと息ついていると、まちがいもなくその鳴き声を捉えることができた。

 夏、です。
日本の季節からは『梅雨』という時季がなくなった気もする。それは人間だけでなく生き物すべてになんらかの影響を与えるはずにちがいない。
 我が家でもようやくカエルの姿を見かけるようになって、夏にまちがいはないと確信はしている。
 宅配ポストは便利だが、代金引換を利用すると配達される方に二度手間をかけることにもなるのだが、せめて発送元で発送日ぐらいは通知していただけると、届くころは自宅で待機する配慮、できるといい。
Img_3949
 グランド工事も進んできてて、一部これから出来る都道に敷地がかかるのだが。
その削られる場所がなんとなく分かりかけてきた。
Img_3952
Img_3953
 この斜めのラインを延長すれば、今後の用地取得で無くなるだろう建物も想像がつくのだが、本当に2020年だかに都道が二本貫通するとはおもえない。
では

«2017−1981=?

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31