無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

  • 村上春樹

2018年9月24日 (月)

苗木って

 理想は、狭いジャングル、密林だが。

なかなかそう上手くことは運ばない。身近に反対する人間が居るからだが、その抵抗をかわして植え付けてみる!
Img_3618
 こんなものでも自転車では運ぶのがたいへんだが、四つグルマは楽チンだ。
Img_3616
Img_3624
 会場は老若男女ではない、老人ばかりで、やはり植物相手がいいんだろう。
いい、という意味は深いのだが。
手間暇かけただけのことを草木はしてくれる、ことが多いからだ。
Img_3611
 密林計画は、着々と進むのである。
では

2018年9月23日 (日)

お彼岸

 たまたま観ていたテレビでひとつ利口になった。

『おはぎ』よ『ぼた餅の』違いだ。
早い話、違いはないのが正解ですが、この呼び名は季節で変わるのだと和菓子屋の説明があった。春先、ボタンの花が咲く頃、つまりは春の彼岸だと『ぼた餅』はボタンからきてて、秋の時分は萩の花で『おはぎ』という言い方の違いなんです。
わかれば納得して終わりですが、愚にもつかないところがいい(笑)。
 里親に課された報告義務がそろそろ来る。半年の経過報告なのだが、
ここ最近気付いたのが、ソラのヒゲ。根元に近い箇所が黒くなっていることで、子供から大人にかわった証なんだろうか。
Img_3602
本日も二階から解放してやり、階段を自由に行き来させたが、まだまだ同じ家のなかにも関わらず、びっくりしながら歩き回るのが可笑し。
では

2018年9月22日 (土)

懸案

 この5月から交渉をして、ようやく実現する運びとなった写真展である。

すでに東京では共同通信社が社屋で展示をして、そのまま原爆忌には地元の広島での写真展となるところであの豪雨であった。
 一時は音信不通となり、どうしたものか悩んだりもしてが。ご自宅は被災していまも避難所暮らしという連絡が入ったのはひと月ほ経ってからのことだった。
 当初は行政が乗り気でなかったのだが、ここに来てなにやらプレス発表だのなんだのといい加減なものだ。
まあ、そんな愚痴をいうよりは、なんとしても無事オープンして終了まで来館者が途絶えない盛況となることを考えればいい。
堂畝紘子、被爆三世家族写真は来月からとなる。
A301shinagawasan
20180905_64705
 ちょっと油断していたら、とうとうここも買収された。
小さきころ通った幼稚園も一部だが都道が横切っていくのだが、どうなるのだろうと思いつつ、所詮道路が通る箇所に住まうことがなければ他人事。いっ時は話題にもあがるだろうが、過ぎれば記憶にも残らない。ここに誰が住んでいたかなど。
Img_3588
Img_3589
 肺は以上なし、だったが。
胃の内視鏡は要経過観察という結果になった(笑)。笑えることではないが、
無料の説明を受けられると書面に書かれていて、来週は説明を受けて来ます。
学生時代から腸はポリープができたりしてたし、胃のポリープの組織検査もたしか受けていたことを思い出す。
 Img_3585
ムラサキシキブ、ことしは随分と実をつけてくれた。なんともいえない色艶が素敵だと思う。
では

2018年9月21日 (金)

雨の朝は、

 今朝がたの雨は、案外本降りで車のワイパーが活躍してくれた。
さすがに夜明け前の終夜営業店でも売り場を歩く客の姿はまばらだ。
 昨夜は勤め帰りに『おでん』をカラダが欲してて、めったにしないコンビニエンスストアでおでんを求めた。
これが結構な味付けで、ほかのコンビニエンスでもおでんを試す価値はあると感じた。
大根、しらたき、たまごなど5品ほどで\320のお支払となった。
いまは外国人の店員さんがどこの店舗でも見受けられ、鎖国をしていたころとは雲泥の感がある(笑)。そう言えば毎朝新聞を配達してくれているのはベトナムの留学生だし。
言葉の壁はあるが、就労条件が緩和されたらその数は飛躍的に伸びるだろうが、こうした人材をたんなる単純労働だけに就労しておくのは考えものだと考える。
やはり日本に来る東南諸国の人間らが、帰国してから在日中に学んだことや経験を活かせる場所づくりを想定できたらいいのだが。
 ふくが亡くなってこの11月で一年になる。
Photo
Photo_2
Photo_3
入れ替わりで来てくれているソラの半年経過報告が近づいてきて。
いま気になるのが、おなじ様に里親に出された妹だかの『ゆず』という片割れの現況で、
これも確認できたらしておきたいことのひとつだ。
では

2018年9月20日 (木)

理由を述べよ

 大昔なら『権力の走狗』と毛嫌いされいたのが警察官に自衛官だった時代。

これ身勝手な理由だったが、国家権力の手先という捉え方が反映していたが、権力のお先棒を担ぐ若い警察官も組織で縛られた存在で、本来なら敵対するのでなく取り込んで運動する方向だったから、あの当時、いささか幼児っぽい考えではあって、時限爆弾を仕掛けたり、時に交番を襲撃したりしていた時代もね、あったんだ。
 昨日未明におきた交番勤務の警官殺傷事件、今朝方だかにも模倣犯? かは分からないが、同様な事件が起きている。
 そんなにも死にたければ、静かにしんでくれ、だろうか。
道連れに他人を巻き込んでまでする行為でもないのだ。
死ぬほどの勇気もない奴らが、ひとさまの手を借りて死のうとする。
実にバカバカし。
それに自殺行為自体は犯罪でもなんでもないのだから、世を儚んで死ぬならおひとりでどーぞなのだ。
晩年からだが不自由で一人では実行できないから周りの人間が手を貸した事件。
西部邁という著名人の自殺を手助けした人間が殺人幇助だかにはなったが。
 どんな人間が交番を訪ねるのか、まったく不明なわけだ。
皆がみな、まっとうな理由で来るわけでもないのは今回のことで再確認もできた。
かといって、身体検査、持ち物検査をして対応をとることが最良の解決策とは思えない。
 交番のおまわりさん、という言いようも、冷静になればなんとも心地よい印象もあるし事実、地域の防犯に傾注する警察官もいるのだろうし。
Img_3580
 昨日、用があって初めての駐車場に停めてみたが、日中の利用では上限が¥1000で収まるというのが気に入った。
車は便利だが、都内だと停める所を探すのが苦労で、車があっても平日の利用を控えるようになるのだ。
では

2018年9月17日 (月)

一階へと

 家を建て替えるまでの人生は平家(ひらや)生活、で、多少の憧れをもって僕など二階家の暮らしを経験してます。

Img_3559
そんな二階で始めから暮らしてきた飼い猫のソラ、この半年余りはずーっと二階だけでしたが、そろそろ一階にもと本日めでたく? 一階へのデビューをしました。
まあ、長年月の所為なのか、降りては来てみたものの、まだ慣れてないこともあって探検がすめばまた階上へと上がっていくのです。
Img_3570
 ふくとは違って、千葉産のソラのこと、この地域で生まれ育ってない分もしも外にでたら、これは相当に大変なことになるのだろうかと懸念してはいます。
それでもこの先も二階だけで過ごさせるのもいかがなものかと判断してのこと。
 もう巷では大型のスマートフォンが幅を利かせています。
身体に似合わず、小さきものに惹かれていて、今現在使用しているのは片手に収まる機種です。まあ、僕など連絡手段としてしか携帯しないのでサイズは今ので十分ですが。
20180916_173810_3
どうやら小さな機種の生産はなくなると噂も聞こえてきてて、もしもそうなら実に残念なことになります。
 母親は、大は小をかねると申していたのを記憶していますが、ことスマートフォンに限れば小には小の良さがあると言いたい。
引っ越しで仕舞い込んでいた母親が色紙に筆でしたためた俳句が出て来て、かな文字ですので、流麗すぎて判読ができないと諦めていたら、なんのことはない。
裏に鉛筆書きで書かれていたのです。
 樹木希林さんが亡くなられましたが、生前のインタビューで話されたなかに、
親も見送っていて、周囲に残すのもひとりで生活ができるまでになっているようなんで、死の覚悟は容易い、とか。
そういう点で言えばですが、最近まではいつでもいいと考えていたのが、ここに来て飼い猫ができてしまって、そう簡単には逝けないのだと。
まあ、こればかりは意のままになどできませんのでね。では

2018年9月16日 (日)

ドゥ イット マイセルフ?

 発端は新参者の仕業です。

Img_1495_2
こいつが犯人と思われますが、完全黙秘をしています。
たいした猫です(笑)。
噛みついたのか、牙を磨いたのか。
バーティカル ブラインドのスペーサーコードが途中で切れてて。
裁縫糸で縫い合わせるという裏技もあるのでしょうが、見た目重視のわが家(笑)。
そんなことをする訳がない。
で、販売会社に確認をして、
早々にこの紐を取り寄せたのです。
メーターでの量り売りをしてくれます。ちなみに職人(技術者)を依頼するととてつもない金額となるようです。
今後もあるやもしれないので、多少余裕をもたせた長さで注文でしたが、送料込みで¥2000弱でした。
Img_3551
 しばらくはいかにもという状態でした。なんだかここに目が行きます。
届いたコードにはこの金具がすでに等間隔でつけられているので、ごく普通の手作業ができるなら誰にでも交換は可能と知りました(笑)。
Img_3552
Img_3553_2
 端から切れた紐をはずしてみた状態がこれです。
で、届いた紐に付け替えます。ものの1分ほどの手仕事で完了します。
完璧な仕事でした。
Img_3554
 犯人は見てみぬふりのままでしたが、あと数回おなじことをされても!
なんとか直せます。
 こどもの頃から、『まつり』の賑わいが大嫌いでした。
まつり自体は理解してますが、この時期はどこからとなく祭り馬鹿が湧き出てきてしまうのが耐えられません。
騒々しい、ちっとも粋でも鯔背でもない、取り違えたアホばかりが町中を徘徊していて出歩くとなれば避けては通れないのが腹立たしから、家に引きこもってやり過ごすだけしかないのですが。
しばらく前に、長年懸案だった地元の町会から離脱! した。つもりつもった町会費も払う必要がないだけ今年は心穏やかに過ごせます。
だいたいヤクザでもないはずなんですが、地元の名士(笑)とか、顔役とかが闊歩するのもいただけない。
 そういえば、あの日本中をディスカバーさせた旅番組。よく考えると、この人物のしたことにも害はあって。
物故した永何某さんに紹介されたことで、いまは全国的にも知れ渡った越中おわらの風の盆など、情緒豊かに静かに楽しむことなどできはしない。
嗚呼、こうして古き良きものたちが消えていくのです。
長生きしてはなりませぬぞ、これから先いいことなどほぼない時代に突入ですから。
自然災害に自衛隊公認、さらに代替わりと来ては、黒眼鏡野坂さんではないですが、
この世はおしまいだ! ですね。
 嗚呼、また馬鹿どもが神輿を担いで練り歩く声が騒音化している。
いやだ、馬鹿ばかりでいやだね。では

2018年9月14日 (金)

確率からして

 そうある偶然ではない。

おなじ車種ならそれはまだあるかもしれないが、同色となるとこれは確率論かも。
Img_3526
 朝方、某商業施設の駐車場へ車を停めて買い物をし、荷物を持ってもどれば、
なんとも不思議な景色が展開しているではないか(笑)。
Img_3527
まあ、僕が先客だったらこうなら並べてみるかもしれない。
偶然は必然でもある、と云うらしい。
日に何度かあったらこれはお祓いになるのかもしれない。
Img_3528
 車内に人影はなかってけど、戻ってくるまでいたかった(笑)。
まあ、こんなことがあると、今日1日カチリとハマった感があるのです。
では

2018年9月13日 (木)

不思議だ!

 2020年を目指し土地取得が進んでいるのです。

まあ、被災した訳でもないのに立て込んでいる一角がぽっかりと更地化している。都道が二本縦断することになれば街の様相は変化を免れない。
そんな幅員拡幅で建設予定地は工事着工までは更地のままに放置される。
20180911_104833_3 そんな折に見つけた広告です。
ブルーシートで覆われた更地は販売予定と掲載されている。
2年先にはここを道路が通るのは確実。
なぜに、こんな場所を手に入れたがるだろう、普通ならば。
が、はじめから家など立てる計画もなく、
都が買い取る際に利ざやを稼ぎたいのだろうかと勝手に想像するが。
約3200万ほどになります販売価格です。
これが4000万ほどになるのだろうか?
そうならまさに土地転がし(笑)。低金利の昨今、小金持ちならそれなりの旨味がある話です。必ず買収はされるのですからね。
まあ、妄想です。
でも更地だと不動産の資産評価で、固定資産税はかなり割高でしょうし。
買いません、こんなところは(笑)。
Img_3508
 そう言うバカなことは人間さまが考えることで、ソラなど寝られる場所があれば満足のようで。彼女のお気に入りの寝場所は、いくつかあるようです。
Img_3519_2 
これからの季節、朝晩は寒くなるでしょうし、そうなればどこで寝るのか?
いまから楽しみです。
今月でわが家に来て半年経過です。
当初に比べれば随分と大きくなった気がしますし、多少なりとも人間にも気を許してくれているのではないかか。
まだ、抱えてじっとは難しのですが、
しばらくなら何んとか我慢? をしていてくれます。
では

2018年9月12日 (水)

点訳二回目

 なんてこった!

生徒10名の中で紅一点というか、黒? ひとつ!
まあ、先生曰く、
『点訳をされる方は引っ込み思案、控えめ』の方がが多いっていうのはまだしも、
また今回も女性ばかりの中ですね、まいった参ったぜ!
 2年前に終了試験で落第! で結果、点訳ボランティアにはなれなかった身ではあるが、今回は再挑戦という多少、怖さを知っている利はあるかもしれない。
それでも2年の空白は大きくて、初めての外国語を習得するくらいの気構えが
絶対に要るのは前回でしっかりと理解したのだが。
なんでまた? こんなたいへんな勉強をするのか?
まあ、自己満足の極致でしょうか。
Img_3520
鳥削りに点訳とまあ、懲りないよな。
点訳のほうが必要経費がかからないのは間違いがないのですが。
先生曰く、
『70で始められた方もおられます。90で引退されました』ですね、この世界。
馬鹿馬鹿しいと考えるのか、面白いと思えるのか、ひとそれぞれでしょね。
では 

«早い

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30