無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

  • 村上春樹

2020年7月 3日 (金)

山本太郎に一票入る。

知り合いのご老体、
この都知事選挙、
期日前投票にでかけ、
山本太郎と記したと聞いた。
まだ、だれにしようなど決めてない方がいたら、
ぜひ、
都知事には山本太郎、と。

まあ、小池がいいんじゃないのとか、まだアホ抜かす輩はいるだろうし、まあ、女性だからで判断するアホもいるのだろう。

自公の組織票や企業ぐるみ選挙で駆り出されている方々も、
もういい加減目を覚ましてもいい。


どこに義があるのだろう、現都知事には。
シンコロナで密にならぬようにと
都民に語ることをやめている小池には勝機はない。

これは真剣勝負の選挙戦だぜ。
とおり一片の言葉だけ、愛のない言葉だけが踊るのが、まさに小池ではないか。

たしかに、宇都宮もマシではあるが、
これの問題はだ、
既成政党が担いでいること。

思惑に左右され、弁護士経験などつかうことさえもならないだけの都知事になることは、
もう明らかだろう。
だから、
あえて書くなら、山本知事の副知事につければいいんだ。

老兵は消え去るのもありだが、
その人脈や経験値を都政で活かせる道は十分、宇都宮にもあるのだ。
24時間の激務を高齢者に任せるのは危険だよ。
 

選挙戦、最終日の最後の街頭演説に集まる人数で当落は確実にわかるだろう。
危機感を募らせる自公からは、
ここは最後に人前に出ましょう、大勢動員をかけます、
などお膳立てしているに
ちがいない。

そう、だから明日の最終日、小池が街頭にでたら、
もうこれで山本太郎の一人勝ちだ。
小池さん、あんた、出ても出なくても、もう落選している。
では

2020年7月 2日 (木)

消費という、美徳だ

山本太郎さん、
都内各所での街頭演説では
『都知事になったら、シノゴの言わずに都民には10万円を配る』発言をしてて、
お国の特定給付金とは別にいただける(笑)。

この給付金、
ただでさえ都内での配布状態は区によってかなりの差が出ているようだ。
当方、申請書を返送してから、そこそこで入金された人間だが、
品川や世田谷などはまだ半分以下の報道が先日紙面に掲載されていた。

家族で給付されるとなると、それなりの額にはなるのだろうが。
なかには納税だの事業の回転資金なので使い道は決まってて、
ただただ、
右から左に動かすだけ、なかには行政に戻すという事情をかかえている世帯も
多々あると推察する。
10万、
欲しいからでもいいが、投票先は『山本太郎』であって欲しいし、
その都民に配る10万は地元などの商店で浪費! をしていただきたいという演説に、
いたく納得できた。

なにやらドイツでは日本の消費税をここしばらくは凍結するという政策をはじめた。
いったい、この国、東京都、国会議員らは、なにをしているんだろう。
もうそろそろ目覚めてみてもいいんじゃないの、みなさん。

自粛解除後の現職小池知事、
はやばやと今後は自衛して欲しいなどと発言していたが、
個々人でできる自衛などタカが知れている。
もうやれることはしてて、真面目な都民は外出ではこの暑さでもマスクをして。
あらたな犯人、まるで感染源は新宿などの繁華街、それも
『ホスト』に群がることが最大の問題などと暗に言いだす始末ではないか。
そして本日、 
ついにというか、ようやくというか、三桁の感染者を出した東京である。
有名どころの感染などこれで付け加われば、
これまでしてきた対策も無駄になるのだろうが、医療従事者の負担はこれからも続くんだ。

それなのに、
あれだけ手間暇かけていた専門家会議をここで解散だかしてみる方針にも
違和感だけが残るし。
ノーベル賞学者の人間をあらたに加えて立ち上げる会議? とやらもなにか胡散臭い。
山中伸弥って、どれだけの人間なんだろうか。
研究以外で知っていること、
ほぼ無きに等しいのだが。
ファクターXとやらに関心はあったが、なんでもXになりそうで、素人でもこうした未知のものを
探るには科学者らしくもない気がして。

二月から活動を自粛? していた点訳も今月から稼働する予定だ。
まあ、なんとなくではあるが、すこしは慣れたリモート会議も活用してくれたらと、
いまは真剣に考える。
では

 

2020年6月30日 (火)

都知事は山本太郎で、よろしく

ひとさまのことをとやかく言えるほどの人間ではないが、
やはり矜持はそれなりにある。
で、こうした被害にあったこともあるし、世には花盗人などと
呼んで、これが窃盗罪などと目くじらをたてる側に非難があつまることも
あるようだが、犯人を許せないお気持ちは他人事ではないのだ。

Img_8667

いちねん、半年経過した折り返しには、
厄払いだろう。
今年は富士登山も自粛だと聞いている。

Img_8662
情報操作だろう、多分は。
残された時間はないが、まだ死票をなくすことはできる。
小池などに続投させてはいけないのだ。
山本太郎、いちどはやらせてやればいいんだ。
確かに、日弁連元も頑張るのだろうが、ここは既成政党色が強すぎていて、担がれた感は否めない。
本人はその意識もないのかもだが、それに決定打は年寄りだということだ。
やはり65以上の大人など信じてはならないしね。
61517269614__e5b1017dc4d344ce9604a388b39
邪魔ではないが、いいんですよ、居てもね。
でも、ついつい撫でてみたりして、仕事がねできないのですね。
では

2020年6月29日 (月)

祓う、というが。

いまが梅雨とはいうが、かなり昔にうまれた人間には、
まとわりつくじめっとした感覚を覚えているだけに、
この時季の様変わりにがしっくりとこない。

目覚めれば、
まだ眠いながらに移動して轢殺されるカエルの数、
この梅雨のころがいちばん多い気がする。
多少の損傷程度なら手袋して移動もするが、とことんつぶされていたりすれば、
さすがに躊躇して
ゴメンして通り過ぎてしまう自分だが。

これもカラスがついばんだりして、翌朝には痕跡もないことがあるが、
とうぶんアスファルトに変色した箇所が残る。

自粛あけ、経済活動が再開した。
報道でだが、どうしても立ち行かないと判断しての店じまいや倒産もある。
なにやら邦楽器では有名どころも8月だかに店をたたむとあった。
とくに三味線では、ここがなくなると痛手だと業界関係者が話していたが、
いちどすたれれば、再開を目指すにしてもどれだけの手間暇が必要なんだろうか、思うだに恐ろしい。

街中に活気が戻りつつあるようだが、比例して感染者も増加してて、この先、夏場のウイルスの蔓延が
どこまでひろがるのかと考えると、とてもじゃないが、まだ経済優先などと声高にはできない。
あとひとり二人増えると、僕の住む地区も感染者数が200となるのだが、みなさん、自分は感染しないという
実に頼りない自信? で行動している気がする。
無症状、無自覚の感染者がね、これは困ったもんです。
最近、新コロナは面倒臭いとか言い放った若造(笑)が、ここらで感染でもすれば、いい刺激にはなる気がするのだ。
では

2020年6月27日 (土)

番組がおわる

深夜ラジオを聴きだしてから、もう何度となく好きな番組が終了してきた。
もう伝説なんだろう、オールナイトニッポンにセイヤング、それにほぼこれに固定されていた
パックインミュージックなどなど。

Img_8644

受験勉強をしてはいたが、それでもあのこころ、世間のことなど気にもせず、それでも
番組に登場する方々の話す話題に近づけたらと、まあ、それなりにあの当時を堪能していた。

Img_8643

だいたい、聴きだして聴けるのが当たり前になるころに唐突、終わりとなるのかだから。
別れと出会いとは言い得て妙だ(笑)。

61476007831__0f8a3d8b082b4c0ea7bc9639040

本日も、ながらく聞いていた番組がおわった。
まだあの方の番組があるからと、別番組を頼る気分があるうちはいいが、これで本当に聴きたい番組がなくなると、
もうこれは耐えられないかもしれない。

Img_8646

落語を聴いてもいいのだが、やはり今を伝える機能ではラジオに勝るものはないし、『大人』になると、
自分よりも年若い方が好む番組だと、継続して聴き続けるのはつらくなる。
まあ、母親もひとり暮らしにはラジオだったし、ながら族にはこれが一番なのはまちがいないし。
耳が疲れるということは滅多にないだけに、土曜の午後に聴きたくなる番組、さて困ったぞ。
では

2020年6月26日 (金)

凹む

デコボコは凸凹ですが、
きちんと(笑)常用漢字5画の凸と、おなじく常用漢字5画の凹だ。

この凹は、ヘコむの意味でつかわれたり。

舞台に立つ方と、
ひさびさにリモートで会話ができて、このシンコロナ禍ではそうとう凹んだと
話してくれた。

Img_6673_20200626161401  Img_7117_20200626161401

 

Img_7186_20200626161401

そんな話を聞いたからなのか、こちらも久々にメールで連絡が届いた画家さんも、
ここしばらく不安定な時間、こころのことでしょうがね。
こればかりは、
当の本人にしか辛い気持ちはね、わからないというのが実体験をした自分でもあり。
どうしているのか、訊ねる側は案外いい加減に聞いたりしますが、
聞かれた方はさてさてとなる。
だから、
これも経験則ですが、便りのないときは放置しておくのがよろしい。
気にはかけるが、だから、どうこうは、しないでいる。

間合い、だろう。
半歩踏み込んだら、その先はない、そんな気配を感じたらね、
踏みとどまるのが吉なり。

でもね、
こうした返信をもらえると、やはり嬉しいのです。
じわじわか、一気にか、ひとぞれぞれにこのコロナはダメージをあたえる。
では

2020年6月25日 (木)

選挙広報

やはり表、最上段にレイアウトされていると、目立つ。
残念というか、
選挙結果を予測しているかのようにも思えるのが
宇都宮さんだ。
折り込まれた内側の掲載では、その破壊力など感じられない。
老兵はではないのだろうか。

ここは、
どうしても世代交代を掲げる『れいわ新選組』、
山本太郎を応援したくなる。

今回、組織票をあてにして街頭にでない百合子だが、
もうそれだけ自分の顔と名前を事前にさらした
自負? もあるのだろう。
もう辞めどきです、小池さんはね。
でもね、それはなにも主張したいことがね、もうあなたにはないということです。
タテマエで掲げている公約にはなんの新鮮味も感じられずで、
これではシガラミだらけの都知事候補のままなのだ。
まあ、
公明党員がどこまで賢いのか、学会信者がアホでないかぎりは、もう小池はヤメようとなる。
まして、婦人部の締め付けなど意に介さぬ若い信者の成長をここは期待しておきたい。

それにしても、機を見るに敏? な割には、ムーミンこと志位の姿を見てないのは
僕だけか。
生き恥とは言わないまでも、あの社会党時代を多少なりと知っている人間、とくに
おタカさんの活躍を見ていた人間には、
いまどうにも凋落がとまらない社民党など、端から魂など打ち捨てているではないかと。
野党共闘というタテマエだけ、
党利でどうこうする野合集団に担がれた老齢三百代言にはいう言葉もないのだが。
 Img_8629  Img_8630

自粛ではないが、この間になんどとなく調理してタネを集め蒔いていた『かぼちゃ』が芽吹き、
雨のなかで黄色い花を咲かせてくれた。
感謝。

Img_8632

まえから手を出してみたかった挿し木を紫陽花で挑戦してみた。
昨日の今日だから、このまま無事根付くかもしれないと期待しておく。
二、三週間と書かれているが、ここは慎重に四週間は様子をみておきたい。
では

 

2020年6月20日 (土)

ならぶ、横並び

茹で上げるだけならたいしたことはない。
このあとの処理が結構面倒で、調べたなかには
冷凍してしまうと自然に取れるとか、ついてても大丈夫、
などなど説明が錯綜していて、ここがやはりネットの良い点でもあり
問題でもある。
なんども試せればいいが、今回は材料がそう簡単に入手できるとは
かぎらないので、慎重に山椒の実についた茎? 枝を個々外してみた。
これがかなりの手間作業で、商品としての値段が高いのも理解できる。

61423333499__ddfe9223194f4d9082426634f2c
作業を続けている間中、山椒の香りが漂い、両手の指先にも山椒の清冽な香りが残った。
このあと小分けにして冷凍すれば、一年ほどは利用ができるとあった。
レシピには、山椒のシロップ漬けという初めて知ったものもあって、まずは狙い通りにチリメン山椒に挑戦だ。


Img_3527
いつものように、朝方の買い出しで使う駐車場、
だいぶまえには同一同色車種で並んで駐めたこともあったが、ここしばらく同じ車種には出会わない。
上の画像は、二年ほどまえの8月だったが、偶然ということは世の中では起きることがある。
で、今朝方は、

Img_8582
こんなもんで、逆によかった。
並ぶ、ということでは、
因縁も感じるのがこれで、
どうしても当選させたい、さて、さて。
Img_8585

Img_8584
築地移転と、五輪以外に話題性があることといえば、
密と卒業証書くらいで、最近では夜の街っていう言葉にただならぬ意味合いを込める姿勢でしかない。
支持する選挙陣営から早々と電話での勧誘が来たので、
一票は確実ですと答えておいたが、まだ他陣営からの電話勧誘はこないんだよな。間違ったも七海とかはないだろうしね。け
政党の後ろ盾で事前運動的に動いてきた女性だけに、その一挙手一投足がね、あざとく感じられて。
この方だと、簡素化しても開催するようで、もうこれだけでダメじゃんなんだが。


Img_8592
 この作家さんのカレンダーを注文したころ、お亡くなりになられた。
なんだろうね、この絵柄から伝わる空気が好きだ。


Img_8593
この文庫本、ときどき無作為にページを開いてそこを読み返してみますが、
村上春樹が読者から寄せられた問いに回答するという代物で、けっこうタメになるんだよね。
身銭を切ったことでしか、身にはつかない、とか。
村上さんのこの回答していた当時の趣味が絵を集めることで、それは一時保管所のような気分で、生きているあいだは
いつでも眺めていられる、ってこととか。

風の歌を聴け、よりも先に手にしたのが、焼けた古本屋で手にした
『羊をめぐる冒険』なんだよね。

Img_8594
燃えたのは冬で、晴れた夜空から黒いものが舞い落ちてきて、それはおそらく店の棚にあった古本のページなんだ。
年配の女性が店主で、ガラス越しにみえる茶の間だかに、ご主人らしき方を見かけたこともあった。
あのぐらいの蔵書でいいなら、いますぐ店をやれる気がするのが間違いね(笑)。
商売は続くからさ、在庫をどれだけ抱えていられるかなんだが、イケないことだが、最後は在庫一掃処分で蔵書を売り払うっていう
選択肢、いま気づいたよ、
古物商許可書もあるんだからね(笑)。
では

2020年6月19日 (金)

山本太郎

この時季、どうしたら手に入るかと以前から考えていた『実山椒』を手に入れた。
鮮度がたいせつと、早々に茹で上げ水に晒してアク抜きをして。

61421648877__4034e4fc0843401cb1cd2bb3874 Img_8566
これで風味がいのちのちりめん山椒なんてもんが、自宅でも味わえる(笑)。
とにかく、ひさびさに山椒の香りを指先で潰してみては確認をしてみた。

前回の参議院選挙のお手伝いの所為だろう、法定ハガキが送られてきて、そうそうに選挙運動をしてみた(笑)。
受け取る側が驚くのは想定内だが、どこをどしても、他の候補よりはオススメにはちがいない。

Img_8573

今の時代、インターネットでの選挙運動も限られてはいるものの可能で、できるだけの
ことをしておきたい。

雨にぬれると、多少傷みがでるのか、花もちがよくない今年のクチナシ。それでも
やはりこの湿気のなかでも独特な香りを楽しめる。

Img_8560
クチナシが咲き終わるころは、まだ梅雨半ばだろうが、ことしは庭のすみに十薬(どくだみ)が咲き出している。
なんどとなく同じ球根から長いながい葉を伸長させるアマリリスだが、これまで一度か二度、花が咲くのを楽しんだが、
ことしははじめから三枚目の葉も姿をみせていて、花を期待してもいいのかもと。
Img_8570
では

2020年6月18日 (木)

腑に落ちた

よそのお宅のことが気になる、って言っても。
どうみても無関係の隣同士には思えず(笑)。
一歩、進んでみた。
やはりね、だった。
それにしても玄関ドアだが、なにか似てないかと(笑)、
これ、間違いなく富山に本社をかまえる『キマド』製の引き戸だ。
色あいも、どこか似ててさ。

Img_8536 Img_8535 Img_8538

ひだり二枚の画像、表札です。
右手の画像、こちらの表札、まあ、ここまで一致してれば家族? 兄弟? 親戚などなどですかね。

興味はここまでにしておきますが、
どんな方が設計をされたのか、
これだけは気になる。

引き戸の色あせた感じでは、
わが家の倍以上は光に晒され色落ちがしてますが、
ガイドレールの形状といい、ドアノブの設えといい、
もうこれは同じだ。

Img_8537

で、この切り込みなど、なんでもないかに思える部分、どうでもいいところに気を配る(笑)。
こうした家がね、増えると楽しいんですがね。

Img_8547    Img_8544

都会で暮らす、ってことだと、どうしても制約は付きまといますが、だからといって、こうした『兎小屋』を
どんどん増やすのもどうなんだろうかと。
上から目線ですがね(笑)、まあ、ご自由にですかね。

では

«そろそろ半年、

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31