無料ブログはココログ

ブログパーツを貼るリスト名

  • 村上春樹

2020年2月26日 (水)

行列をみた

巷では、そうとう深刻な品不足が続いているのは、
マスクで、ここまで品不足になると想定したいたわけではないが、
朝起きは三文のなんとやらで、ひとつきほど前、まだ商品が山積みしていたころに
追加で購入していた。
幸い、花粉症を持ってはいないので、ここまで品不足とは。
で、昨日ご近所のドラッグストアの開店前後の店舗のまわりには結構な年配者が列を
なしていた。

Img_7522

まだ半分以上は残っているし、1日一枚でも良さそうだが。
ここは頑張って二日は着用してみようかと(笑)。そうケチらなくても
在庫はまだしてて、余裕です、
そんなことですから、街中を出歩く際は当分マスクは必携アイテムです。

先日は某ドン・キホーテに数枚の女性用のマスクが置かれていたのでsグア、
いまどきは懐に余裕があるなら男女問わずに手に入れるが賢いのかも。
Img_7518    Img_7520

仕事がらみで、
久方ぶりに江戸川乱歩邸に出向いた。
大通りからひとつ奥に入っただけで、もう閑静な場所になるのが不思議。
この3月に開催しようとした
乱歩作品の朗読会だが、
区からの指示で中止なり、
延期扱いになってしまった。
まあ、
これでまた暖かくなるようなら状況次第では開催可能になるやもしれない。
いやはや、どうなることやら。
いよいよオリンピックの開催もね、なにやら暗雲が漂いだしているようだ。
では

2020年2月23日 (日)

新十津川駅

鉄道オタクではないが。
この春がくれば廃駅となる新十津川駅だ。
なにやらネットで映像を配信していて、毎日必ずではないが、
駅に到着する気動車だかを拝見している。

たいがいは一輌編成で、
土日は特別なんだろうか。
昨日は二輌で到着していた。
この駅、駅に到着したと思うと折り返して発車する。
乗り遅れるとたいへんなのは、
なんと最終列車が午前10時発なのだ。
鉄道オタクさん、
なかには車で来れれることも見て取れるのだが、
村営だかのバスが
ここまで来てもいないようで、
来て駅舎に降り立って、
で、また乗車なのだ。

20200223-75208

ちなみに今朝の新十津川駅は吹雪いていた。

10年若ければ、こんな場所にも出かけてみたいと感じるのは、
冬の金沢、五木寛之の影響で(笑)内灘まで日本海を見に出かけたことを
思い出したのだが。
40年あまりの大昔だはな。
あのパワーはもう枯渇してます。

新型コロナなの影響で、
区施設を利用したイベントが早々と中止になっている。

これからがピークなのか、たぶんまだまだ感染者は増加するのだろう。
区分けでいえば、僕なども高齢者区分で。
はやめにマスクを備蓄しておいて助かっております。


今朝の大型量販店、明け方でもこれが結構ひとが買い物をしていますが、
薬品コーナーの一角に置かれていたマスクでしたが、
もはや商品自体の存在がない状態です。

Img_7457

庭の沈丁花がようやく咲き始めてて。かすかに香りがしてきたりで、
日本スイセンが咲き終わりそうになってバトンタッチですが、このあとはムスカリだろうか、
菜の花だろうか。
二月、残りわずかになってしまって、実に残念でしかたがない。 では

 

2020年2月21日 (金)

コロナでてんてこ舞い

今週は、所属する点訳ボランティアからの連絡で三月三日、ひな祭りまで活動を一時休止するとあった。
僕の働く施設も、ここに来てようやく区から言われ、
指示がないとなにもできない職場でしたが、
まあ、三月いっぱいまで予定していた全イベントが延期か中止。
なんと昨晩、
来月半ばの朗読イベントを打ち合わせて、
そのチラシや資料の手配をしていたら、このザマだ。
後始末というか、事後処理の手間だけ半端ないのだ。

なにやら休館も検討されたようだが、
いまのところは平常営業だそうだが、
これとて、
今後の感染拡大次第だとは自分で判断している。
クルーズ船ではないが、行政の判断はどこか他人、
あなた任せっぽくて腹立たしいだけ。
この時期にあえてイベントを敢行するという変人がいるといいんだが。
長いものには巻きつかれ(笑)ですね。

20200221-194654


区内の公共施設でこの日曜に予定されていた演奏会。
昨日だかは実施です。
マスクをつけて来場くださいとまでアナウンスしていたのが、
風向は一気に演奏会の中止だ!
ほんとうにゴテゴテすぎて。

こうした役所の対応はどこでもそうは違わないだろうと考えているが、
これから患者が増えることでさらに混乱は広がる。
だって、船からおろして仕舞えば、どう転んでも感染は拡大するだろうに。
だから、
自宅待機なり、混雑する場所へは近づかない。これがいちばんです、高齢者にはね。
若い方なら、積極的にコロナには早めに感染しておくのが賢明だすぞ。重症化しないで抗体が作られるのだし。

閑話休題で、
わが家のメス猫さんは、このごろこうして僕の伸ばした足に乗って眠りにつくのが習慣のようで、
嬉しい反面、忙しときにこれをされるとたいへん参ります。

Img_7472
暖冬とはいえ、日がくれればそれなりに肌寒いはずなのは、猫も同じ。
外で暮らす猫には
暖冬などこかの話で、こうして暖をとれる場所で
夜を明かすのです。
無事で居ろ。
Img_7494
森法務大臣の虚偽答弁もあって、ますます安倍一派の幕がおりるのもカウントダウンだろう。
そう考えないと、腹立たしいだけ。
ハゲカッパと爬虫類オンナの旅行に200万ちかい財政が使用されたそうで、これまたバカバカしくて。
こちらはたかだか数千円の還付金に頭を悩ませたのですから。
茫洋とした徳仁さえ、下々が集まる参賀を早々と中止したのだから、
下々としては、あまたのイベントなど当然、自粛だろうね(笑)。
ここはオリンピックはロンドンにお譲りして、この一年は耐乏生活でコロナをやり過ごす冬眠でもしましょう。
歌舞音曲を取りやめさせて昭和からの代替わりとはまた一味ちがう事態に戸惑うばかりの自分だ。
では

2020年2月17日 (月)

加齢足腰横着病ってか

出かけるつもりの東京地裁。
元号裁判の傍聴を、
と予定表には書き込んでいたのだが。

面倒臭くが先立って、結局は行かず仕舞いになった。
まあ、どうせ元号法制がなくなるわけでもなく、
異端視されようが、
西暦使用を個々がやるだけのことだと屁理屈をこねてみる。


先週末、はやばやと確定申告書類は提出して来た。
その税務署周辺で見かけた
アリンコの列、
実際はアリではなくてさ、某セントポール大学を受験するとみられる
受験生らだが。
なぜかきちんと列を作って受験会場まで歩かされていた。
受験当日の道まで、ここは歩いてはダメだとか、素直に従うってどうなの。
こんな扱い、僕ならばかばかし過ぎて、好きな道を選ぶんだが。
受験場まで、昨今は自由に行かせてくれないのだろう(笑)。
受験生をナメているのか、それとも受験生がアホなのか。
アホだ、
いまから牙を抜かれていてどうするんだ。まあこの様子なら、
徴兵されてもしかたがない、撃たれて死んじまう連中なんだろう。
つくづく日本の若もんがダメダメになった感を強くした。

予算委員会の中継をながら聴きしてて、こちらもどこが聴きどころなのか不明のまま。
質問する野党に凄みの一つもなく、
答える安倍の、さも馬鹿どもよ! オレ様が総理よ! という雰囲気だけが
際立っていたと感じる。
国会答弁なんて、これが現実世界だと知れば、まあ、どうしましょ。
ホテルが宴会の領収書を出さないことはない、いや、例外はあるので、辻本議員への回答自体は
一般論ですよと、この繰り返しに終始するだけで、ツッコミが足りないのか、本気でないのか。
ショービジネスにしても、もうすこし乱闘とかないと。
税金はここにも使われているわけで、
腹立たしい限り、
せめて還付金、少額ながら戻ることだけを自分に言い聞かせて
一日の夕方を迎える。
気づけば、沈丁花が咲き出し始めてて、ことしは花芽も多くて、香りが楽しみだ。

Img_1345  Img_1409

ソラが里親さんからわが家に来て二年目をそろそろ迎えるのですが、
この里親さんのご住所から推察すると、どうやらソラはこの辺りで姉妹ねこと一緒に保護されたようで、
結構な市街地にも思われて、こんな猫がわが家から飛び出したら、大騒ぎどころではないだろうと。
勢いで飛び出してみても、さて戻るとなると、それは猫でも、猫だからなのか、大ごとだろう。

ひと様のこうしたチラシをみると、さぞ飼い主はと考えるのですね。
これからも飛び出し注意で行きます。では

2020年2月15日 (土)

週末、来た

コロナが拡散している。
高齢で既往症があれば、リスクは高まると云う。
考えたら、こちらも前期高齢者に違いなく、
人ごとではないのか。

通勤で日々狭い車輌に閉じ込められることが減ったし、
もうそれほど人混みの中に身を置くこともない訳で、
これで感染したら、どれだけ広がっていることになるのだろう。

春先までで落ち着くのか、それとも通年を通して危険は去らないのか。
気遣っても詮ないことと割り切ろうと決めた。

週明け、元号使用の差止め裁判の三回目が、東京地裁である。
まあほとんどの人間が、こんな元号がどうのこうのと云うこともないのだが、
考えようでは、この国の根幹にかかわることが法廷で議論されていることの
現場を覗き見たいと、久々に考えてみている。

D57d472a4ff049d5bb8410248d4159ee

ここしばらく、彼女はここがお気に入りになっていて、1日に何度か乗りたがる。
結構暖かくて、湯たんぽが乗っかっている気分。

では

2020年2月14日 (金)

不燃化特区 くそみたいなもんだし。

まえまえから書いたりしてた地元の変化だが、
ここにきてまた家屋の建て壊しがさらに進んでいる。

ここも、
こども時分からあった豆腐屋だった。
記憶では地元にはこれで三、四軒あっただろうか。まあ、
もうだいぶ前から地域に豆腐屋はなくなってしまっていたが。

結果、手作りを求めたい場合は、
勤め先の近所にある手作りの豆腐屋、三軒のどれかを使ったり、
ときどき手に入れたりするが。
味音痴には大豆の香りがするという、悲しかなだ、
この手の豆腐だろうと、スーパーで売られて居る味の差がわからなくて。
豆腐の味噌汁好きは変わらないが、
目隠し、味覚テストでもしても区別がつきにくいという人間なんで、
いささか辛い。
絹ごしよりは木綿を食していたが、だいいち、いまの様に過剰包装などなくて、
底の深い弁当箱を持参しては水槽のなかに沈んでいる豆腐の塊を金属製に専用包丁で
切っては弁当箱の入れてくれたのだ。

当時、
食卓にあがるのは、圧倒的に木綿豆腐だったね。
Img_7449

解体したあとはどうなるのか、まあ、土地を切り売りでもして戸建建売になるのかもしれない。
この地元を南北に走る通りだが、いまは個人商店など数えられる店舗数だし。
この手前にあった履物屋も建て壊してあらたに賃貸物件つきの四階建ての住宅へと変わった。
Img_7426

いまも取り壊しているここも板金だかのお店だったが、後継がないまま商売を閉めて
いたのが、ここにきて建設予定の都道に接するだかなんだろうか。
そういえば、この先には肉屋があったのを思い出した。
揚げ物、ポテトフライを店内で販売していた。
もうあの頃の賑わいのある商店街にはなるこもないのだろう。
薄べったい顔つきの商店街になっちまったよ。


コロナでコロリ、
なんて標語はダメなんだろうね。
得てして年寄りが罹患するとお陀仏になるというが。
ついに都内でも何人かが発症しているという。

いずれ、なんだし、
あとさきの問題で、なにでサヨナラするのかなんて、
そうそう自分では決められないのが寿命なんだが。
ならば、ピンピンコロリをコロナに期待する年寄り、
居ないもんかね。
いまはどうか知らないが、小学校のころ、
麻疹が流行ったことがあって、わざわざご近所でこの病気になった
お宅に出かけて休んでいる子と遊んで病気を移していただくなんてこもね、
あったんだし。
青少年で体力に自信があるむきは、あえた早めに罹ったほうが、免疫だか抗体が
つくられるからいいんじゃないのか。
では

2020年2月 9日 (日)

江古田駅のピアノ!

テレビ番組で、街頭にピアノを置いて行き交う人に自由に演奏してもらう、という
番組があって。
結構好きなんですね。
子供時分に少し稽古をしたことがあったが、結局は『レッスン』とやらになじめず、
いつしか鍵盤に触れることもないままになったものです。
当時ですから、家庭にピアノなどあるお宅は少なくて、精々がところ学校のオルガンを休み時間に弾いたりしていた。
クラスにはヤマハとか河合とかの音楽教室に通う子どももいたのを記憶。
だいたいが音楽教師がご贔屓にする生徒児童ではありましたが。
で、昨日、この駅にピアノが置いてあって。
付近には音楽を専攻する大学もあるからなのか、調べてみると、昨年秋に西武鉄道さんが
駅構内に一定時間限定でピアノを開放しているようです。
いま手元にある楽器といえば、ウクレレですね(笑)。またケースからだして練習をしてみようかな(笑)。

Img_7419

 

 

昨日も掲示に気づいていたのがこれですが、
絵柄に意図的な、作為的なものを感じてて。これでは『野良猫』が危険だという表情に感じて。
猫を飼う側に居るものとしては、たしかに放し飼いの猫によるマイナスは承知していますが、だから飼い主の居ない
猫を捕獲し強制的に避妊させるという考え方も馴染めなくて。
一時期、効果があるかも判然としないペットボトルを置いてるお宅を随分と拝見したものですが、あれ、
効果なんてあったんでしょか。
好きな人もいれば、嫌いだと受け付けないひともいて、それでも共生するための一代限りの猫づくりなんだろうが、
それでもなんだかね。

Img_7413


第一、いまは犬の排便のために散歩をさせて居る犬の飼い主が手にするボトルで排泄物に液体をかける行為が見られますが、
あれって消臭効果を考えてのことなんだろうが、犬にはいい迷惑ではと。
せっかくのマーキング行為が洗い流されては、犬もたいへんです。まあ、高齢者は犬よりは、室内飼いができる猫がいいようで。
脱走されない気遣いの上で、猫はイジメや交通事故にあわせないためにも、ぜひ、室内で飼育して欲しいものです。では

 

2020年2月 8日 (土)

えこだ? えごた?

で、西武池袋線の某駅へ降り立ったのは、午後3時ちかく。
細い生活道路がいく筋も走る商店街、惣菜を手に入れ。なんとお恥ずかしい(笑)、
舞台に立つ役者さんへの差し入れはだ、ネギ天さつま揚げにした。

Img_7418  Img_7417
だいたい地元の方が、それも女性が買い物をして居る店は安心して買い物ができるし、
お店の方の対応がいいよね。

江戸川乱歩作品の女優ふたりの朗読で、はじめて聴いた作品だ。
そこは乱歩で、
ああ、こうなるのか、と一安心したあとにとどめのセリフで奈落に落ちるってことだ。
時代が経ても
人間心理に入り込む乱歩だと、あらためて感心して。
まだ会は半分ほどの朗読を1時間ほどであとにした。
そうなのね、
ここで無理に聴き続けると、
あとが辛いのは自分が年老いた? のかもしれない。
ほどほどがいいのだ。

そう、ここ最近、自分を追い越して歩く若い方が多くてね。
やはり筋力は失われています(笑)。

それでもだ、
明け方、慣習化した散歩で、また廃業閉店案内の張り紙をみつけて。

Img_7404      Img_7403

地元に暮らして半世紀以上になるが、もともと酒飲みでもなくて、
こうした店に出入りしたことがない。
それでも、こんな案内文に接するとひっそりと出かけて見てもいいかな。
なんといっても、
このそばに半年ちかく通った建築家のアトリエがあるのだ。
あのころ、週一回は打ち合わせをしていたのだが、
門を出て、ここの赤提灯ぐらい見ていた記憶があってもいいものだが。

当時は、仮住まいの大崎と地元を行き来していたころで、まだ足腰は大丈夫だったのも確かだっな。
アトリエや、勤務先から大急ぎで埼京線か、湘南新宿かを目指して
階段も駆け上がれたしね。
大崎の駅からの道もこれまた坂道つづきだったね。

Img_7398

Img_7409

なにもないわけではなかったが、
新築したわが家のソファーに落ち着き払っていたフクとは大違いで、
いまのソラは元気なのか、ヤンチャ姫なのか、いまも足首は傷だらけなんだが。では

2020年2月 7日 (金)

不道徳なこと

ゲス番組なのかどうかの判断など、ひとそれぞれ。
やたら不倫だどうだと、
この手の話題に事欠かないのは人間さまの世の中だからか。
結論なら、どうでもいいことで。
まあ、なんとも哀れなり、愚かなり。
これが人間さまだとしたり顔で言っておくのだ。
煩悩を持つのも、
生きて居ることの証拠で、
精々のところ諍うなり、泣くなりの修羅場もあるのだろうか。
みなさん大人なんで、やりたいことをすればいいだけのこと。
あとあとのこと、まあ、なんとかなりますって。

巷では、マスクが入手困難だとか、ウイルスの能力からしたら、
市販品、この手のものでは感染予防にもならないらしい。
まあ、それでも気休めもあるが、この冬場はマスクひつつで暖かさがだいぶ変わるのも確か。

Img_7362

しばらく前の商業施設の棚、まだいくつかマスクはあったが、
もうしばらく? 手に入れるのに難儀するのだろう。
いろいろ対策はあれど、ゆきつくところ、個々人が免疫力を高めることしか
ないらしい。ワクチンにも副作用がつきもので、接種したことで亡くなることもあるのだ。
今年いちばんの寒気は確かなようで、メーターパネルに表示された外気温はマイナスだった。

Img_7394


明け方、この時間に出歩いて居ること自体も問題だろうが(笑)、
注文していた単行本が入荷したので回収にでかけたからで。
まあ、早かったということだろうか。
 

お聴きになるなら、
まだいまなら、
というお方の本です。

Img_7399


もうだいぶ長く高座の姿を拝見してないが、
現役の噺家さんではやはりこの方だろうか。
小さん師匠も高座で湯呑みを手にされていたが、湯呑みは圓生師の姿を記憶して居る。
客のあまり入ってないホールなどで、ぼーっとして落語を聴き流すなんてのも贅沢ですね。
では

2020年2月 5日 (水)

マスク

もうすでに巷の薬屋などの棚からはマスクが消えた。
なんのことはない、みんさん『コロナ』対策で買い求めているからだ。
こうなる前にと、性能よりも枚数を優先して(笑)、大箱で販売して居たマスクを確保。
60枚だか入りの箱が二つもあるので、罹患の有無に関わらず口元をマスクで覆う生活習慣になる。
これまで手洗いなど怠ってきただけに、多少は気をつけようと手洗いを励行したみれば、ただでさえ
手から皮脂が洗い落とされてパサついた手先になっている。
ここまで広がるとどこの居ようがなる時は罹ると心しておく。

年明け早々でもないが、藤田宜永さんも永眠されたし。
物故者で多少なりに本をもっていたりすると、これが結構じわじわと効いてきて。

Img_7366

便利なようで不便とはこのことだろうか。
スマートキーだかの電池がなくなれば、エンジンすら始動できない仕組みっていうのは、
まずいんじゃないだろうか。
以前の車はドアの開閉だけだったが、なんとも不便である。
Img_7369

たまたま替えのボタン電池が手元にあったからいいが、エンジンがね、
かからない車なんて鉄くずだよ。
まあ、電池切れをメーターパネルに表示してはくれるが、いいんだろうか。
 

ひさびさに、手のかからない焼き菓子、クリームチーズをグリルで完成させてみた。まだ
作り手が食してなくて、お楽しみではある。

60249046180__340d3793f36a4a57b8a90d99c19
ひとのさまの不幸は、なんとやらだろうか。
豪華客船の船旅でコロナに罹っていた乗船客が判明しての大騒ぎ。
乗務員をいれたら三千人あまりが上陸すらできずに波間に漂っている。
負け惜しみだが(笑)、
こんなことになってしまなんて、神さまは公平? なんだと納得できた。

では

«もう二月に